学生の記録は情報漏洩の高いリスクがある

学生は大金を持っていない上、施設に数年しか所属しないため、学校や大学は高いセキュリティや企業レベルのデータセキュリティ専門家をITチームにおく必要がないと感じています。しかし特にGDPR(EU一般データ保護規則)の世界では、それらデータへのリスクは会社や企業と同じ程高いです。

By Chris Knight
クリス・ナイトによると

これは面白い話です。私が大学にいた時、私は学部にてデータ入力のアルバイトをしていました。その間、私は全ての記録を盗むこと、友達の成績を変えること、全てのシステムとそのバックアップを消去することが可能でした。ディスクを、ロックのかかっていない金庫の中に保管することも含めてです。

今日の学校と大学は、データセキュリティと情報認識に精通していていることを願います。しかし、ただただ第三者のソフトウェアを取得して、教育ビジネスにのっかる人がたくさんいます。それもそのアプリケーションがデータとどんな関係があるのか、どのようにそしてどこに保管されているのか、誰がアクセスできるのかを予め考えないままです。

そのソフトウェアがこのクラウド時代に欠陥のバグを持っていた場合、何が起こりますか?ここにある学生の例があります。この学生は見つけて会社に伝え、数か月修繕することに失敗しました。教育の市場に焦点をあてているソフトウェアとサービスプロバイダーは、たくさんあります。しかし誰が、彼らのソフトウェアは従業員が強いデータ保護の方法を使っていて、安全だと確認しますか?

セキュリティはどのビジネスでもはじめの注文です。

ほとんどの学校と大学は比較的小さくて、IT知識や安全が確保された方法で経営することの知識に欠けています。もしプロバイダーが、彼らの商品は暗号化されていて安全だと言う場合、質問抜きで恐らくその施設には十分です。もしくは学校のリーダーが企業レベルのセキュリティは、価値のある経費だと思わないかもしれません。しかしこのクラウド時代、データセキュリティは人々が思うほど高価ではありません。ただ必須のものであり、決して贅沢品ではありません。

KokoBo.netのようなセキュリティソリューションのプロバイダーは、質問すべきものを聞くことができます。彼らは学校のネットワークが、彼らに向かって並んでいる脅威の大行列(マルウェア、ウイルス攻撃、フィッシングやランサムウェア脅威、不満を抱いている生徒が押し入ること、弱いパスワードとアクセス権の管理)から守られているかを確実にします。

侵入テストはネットワークが安全であることを確実にし、セキュリティをより強くするためやサーバー管理を改善するため、もしくはいかに第三者のクラウドサービスやストレージにアクセスや管理ができるかの変更をすることができます。

エンドポイントプロテクションは、大学の機器が安全で多くのスマートフォンやノート、WiFiアクセスポイントや他の機器が、ハッカーが立ち入れる弱点を作らないことを確実にしています。

最後に、たくさんのビジネスと学校はセキュリティのバックアップを作ることに失敗していて、KokoBoは定期的にバックアップを取り、バックアップが安全で学生と企業のデータを守ることを保証しています。これは大学が自然や技術的な大惨事や、新たなデータ脅威に巻き込まれた時のためにとても重要です。

バックアップを取得することと早く稼働させることはとても重要で、大学や他の施設が毎日のようにハッキングされていることを考えると、専門家のセキュリティアドバイスと保護を得ることはどの学校もできる最低限のことです。